【2022年】博多駅前広場のイルミネーションが11月10日より点灯!

福岡のまち

今年で12回目となる冬の風物詩イルミネーション「光りの街・博多」。11月10日(木)~来年1月11日(水)まで点灯されます。今年のテーマは『to be together』。長引く新型コロナウイルスとの戦い、円安や物価高などの困難、そんな大変な毎日を過ごすなかで知らず知らずに遠ざかってしまったモノやコトの繋がりを、少しづつ取り戻していきたいという願いが込められています(筆者の解釈なので間違っていたらすみません)。

 

 

美しい輝きで包まれた博多駅前には初日から早速多くの人だかりが出来ておりました。

 

 

 

一番奥にどんと佇む大きなクリスマスツリーは色が光り方が様々なパターンに変化していきます。見ているみなさんは好きなパターンがあるようで、「今!」と自分好みのツリーになった瞬間に写真を撮っておられました。また例年人気のスクリーン投影は今年も健在。博多駅正面の大型LEDディスプレイにライブカメラが設置してあり、撮影スポットに入ると壁面の巨大スクリーンに自分たちが映し出されます。

 

 

取材当日もすでに長蛇の列が出来ていて、みなさん楽しそうにポーズをとっていました。投影されるフレームも何パターンかあって、数分おきに切り替わるみたいでした。好きなフレームの時に自分の番がくるかは運次第ですね(笑)その時は頑張って2周目を狙いましょう。

 

 

イルミネーションって、日常ではあまりない世界感に浸れるので、まるで別世界にいるような気持ちになれますよね。辛いことや悲しいことがあっても、そんな世界から少し抜け出せたような。そんなイルミネーションが多くの人が忙しく行き交う博多の玄関口に灯っている事もなんだか素敵です。取材をしている際に周りを見てみると、男性ひとりでツリーをバックに自撮りしている方や、年配のご夫婦がお互いに写真を撮り合っている姿もありました。これからしばらくの間、この輝きがたくさんの人を癒やしてくれる事でしょう。という事で博多駅イルミネーション、みなさんも是非楽しまれてください!

 

【点灯期間】
2022年11月10日(木)~2023年1月11日(水)

【開催場所】
JR博多駅前広場

 

この記事を書いた人