北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spirits 開催!

北九州イベント

 

泉谷しげるさんが発起人となり、2022年9月24日(土)に北九州のミクニワールドスタジアムでの開催が決定した『北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spirits』。7月6日記者会見が行われ、第一弾出演アーティストや開催概要について発表されました。開催にいたるまでの背景や、フェスにかける熱い思いなども語られ、地域が一体となってフェスを盛り上げようという機運が一気に高まりました。そんなアツい記者会見の様子をナッセ編集部がレポートします!

 

北九州ロックフェスってどんなイベント?

 

①エコ&クリーン
②with SDGs spirits

 

「北九州フェスティバル2022 with SDGs spirits」のテーマは①エコ&クリーン、②with SDGs spirits。
密集や混雑といった従来のロックフェスのイメージを払拭した、with/afterコロナ時代の新しい音楽フェスです。

 

主なプロジェクトについて

●「北九州フェスティバル2022 with SDGs spirits」のSURVIVE STAGE出演権を賭けて、地元北九州のバンド・アーティストをオーディション形式で選出します。
【公式サイト】N9S MUSIC PROJECT(https://n9smusicproject.com/

 

●アパレルサスティナブルイベント「THAT’S FASHION WEEKEND」を開催。
【公式サイト】THAT’S FASHION WEEKEND(https://thatsfashionweekend.com/

 

●開催当日に使用する電力に再生可能エネルギーを活用。協賛企業の協力により、現地に太陽光パネルを設置し、会場で使用する電力の一部を再生可能エネルギーでまかないます。

 

食品ロスの削減:“NPO法人 フードバンク北九州 ライフアゲイン”と提携し、当日出店する飲食ブースの売れ残ったフードやドリンクを、地域の福祉団体等に寄贈します。

 

●イベントに参加する機会の少ない、市内の親子の方々等に、支援団体と提携して100組200名の方を無料招待します。

 

●出演アーティストの協力のもと、オンライン配信チケットの収益を「誰一人取り残さない街」を目指して活動するNPO法人“抱僕”の「希望のまちプロジェクト」に寄付します。

 

出演アーティストについて

第1弾出演アーティストとして発表されたのは次の7組(※50音順)。

・泉谷しげる withバンド

・175R

・Original LOVE

・7ORDER

・DISH//

・ももいろクローバーZ

・森高千里

 

イベント概要

チケット情報

■一般販売/2022年7月23日(土)

■チケット内容

○アリーナブロック指定
一般(グッズ付き)¥9,500 ※高校生以下¥8,500
一般(グッズ無し)¥8,000 ※高校生以下¥7,000


○スタンド指定席
一般(グッズ付き)¥9,000 ※高校生以下¥8,000
一般(グッズ無し)¥7,500 ※高校生以下¥6,500


○車椅子席
車椅子¥7,500 ※高校生以下¥6,500
付き添い人チケット1枚につき¥4,500

 

※料金は全て税込です。
※チケットの詳細は公式HPにてご確認ください。

 

《チケットに関するお問い合わせ》
キョードー西日本 TEL:0570-09-2424
(受付時間:平日・土曜 11:00〜17:00)

 

開催概要

■開催日時:2022年9月24日(土)10:30開場/12:00開演
■会場:ミクニワールドスタジアム北九州(福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-33)
■主催:北九州ロックフェスティバル2022制作委員会・協同組合北九州イベントスタッフ協会
■主管:協同組合北九州イベントスタッフ協会
■主催・後援:北九州市・福岡県・北九州商工会議所
■特別協力:北九州ロックフェスティバル2022応援団
■公式サイト:https://kitakyushu-rock.com/

 

発起人・泉谷しげるの挨拶

 

3年前に阿蘇ロックフェスをやったときから、次は北九州のオリジナルなロックフェスをやろうぜということを言ったんですが、コロナで随分と出鼻をくじかれまして。そのうちフェードアウトかなとも思ってたところSDGsについて知る機会があり、ロックフェスとSDGzという、世間的には合わないことをやっちゃおうかと考えたんですね。

それはなぜかというと、全国のロックフェスが危ういんですよ。ロックフェスってだいたい灼熱のなかでやってるし、俺も今まで何回かロックフェス出てて2、3回倒れてるんですよ。だから夏は他のロックフェスには一切出てないんですね。そこでなんとか快適な方法はないかと思いまして。このキャラでいうのもなんなんだけど「目指せ快適」。さらに今はコロナの影響で、お客さんが混雑を避けるようになったんですね。

それで去年、地元熊本で開催したフェスでは、全員検査して、客席も離して、トイレも混まないようにして、スマホでやりとりして。ロックフェスとは真逆なことをやってみたら、非常に快適でみんな楽しめたというのを聞き、北九州でも全面的にこれでいこうという話になったんですね。成功例ができたので。

でもこれは地元の方達の協力がないとできないんで、みなさんに頭を下げて頼みました。一番理解してくれた北橋さんにはずっと応援していただきました。「お前のやることならOKだぞ」みたいなことをいつも言ってくれたので、ありがとうございます。

なぜこの北九州で開催するのかというと、個人的に思い入れがあるんです。

1973年、当時俺が24、25歳の生意気な頃ですね、初めてのツアーのスタートが小倉だったんですよ。当時の小倉はひどいところでね、もうアクが強いし気が荒い。黒崎でライブやってると、缶が飛んでくるんだよ缶が(笑)。それぐらいやばいところで、でも自分の雰囲気にあってるんですよ(笑)。ですごく気に入っちゃって。こいつらと共に生きようと思ったんだけど、でも今はずいぶん綺麗になっちゃってるじゃないですか。弱っちゃったなあ(笑)。

ところが東京では未だに北九州は怖い街だと思ってるやつが多い。だから自分が代表して、北九州はこんなに安全で素晴らしい街だということを言いたい。全国から集まっても大丈夫だぞ!とこのキャラが言うんだから説得力あるだろうと。

今までのロックフェスとは真逆で、お客さんにとって快適で余裕のあるイベントにするため、どの世代でも楽しめるようなプログラムを目指すので、どうぞよろしくお願いいたします。

制作委員会および応援団の方々からのご挨拶

【北九州ロックフェスティバル2022制作委員会 委員長】 田園 直樹

 

3年前、泉谷しげるさんを発起人とする阿蘇ロックフェスティバルin北九州がミクニワールドスタジアムで開催されました。その際に泉谷さんから北九州でこれからもロックフェスをやろう、発起人やるよと声かけをいただき、準備を進めてまいりました。しかしながらご存知の通り、新型コロナウイルス感染症の影響でこの2年間中止せざえるをえませんでした。

感染症の影響がどこまで続くか見えない中、泉谷さんから「北九州だからこそやれるフェスがあるだろう、フェスのニューノーマルを作ろう」という発案があり、持続可能なロックフェスをこの北九州市からスタートすることになりました。

制作委員会は地元企業の有志で構成しております。また地元の開催機運を高め、ご支援をいただくために北橋市長に名誉団長、津田会頭に応援団長、鷹木議長を顧問として北九州ロックフェスティバル2022応援団を結成し、地域一帯となって応援するロックフェスとなっております。

泉谷さんのメッセージにもありますが、今やロックフェスは反体制の象徴ではなく、地域活性化のイベントです。SDGsを掲げるロックフェスをして、環境問題や地域の様々な課題に向き合うイベントとし、街の名前を冠としたことで、北九州を広く全国にアピールしてまいります。

運営にあたってはアプリの活用などで密集を作らず、また自治体のイベント開催ガイドラインに沿って万全の感染対策を実施いたします。

3年前は東京の制作委員会主催で開催されましたが、今回は北九州市内のメンバーが中心となって制作・運営を行います。泉谷さんからいただいたwith SDGs spiritsというテーマを活かすために、市内のNPO法人の方々と連携し、フードロスの削減、支援団体がサポートする子どもの無料招待、希望の街プロジェクトの支援企画など、音楽を通じてできるSDGsの取り組みに皆様のサポートをいただきながら、チャレンジしていきたいと思っております。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

最後になりますが、本ロックフェスを北九州で開催できるのも、発起人の大役を引き受けていただきました泉谷しげるさんのおかげです。泉谷さんに本当に感謝申し上げます。以上、主催者を代表してのご挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。

 

【応援団 名誉会長】北九州市長 北橋 健治

 

開催地の代表といたしまして一言歓迎のご挨拶であります。

北九州市は国からSDGs環境未来都市に選ばれておりますだけに、このwith SDGsスピリッツというアピールには、ワクワクするものを感じております。開催決定を心からお祝い申し上げたいと思います。開催決定に向けてご尽力をいただきました発起人の泉谷しげるさん、田園委員長はじめ多くの皆様のご尽力に深く感謝申し上げたいと思います。

また泉谷さん、田園さんには3年前にここで開催されました阿蘇ロックフェスティバルin北九州にも深く関わっていただいておりまして、大変心強く思っております。阿蘇ロックフェスティバル2019は大変な盛り上がりでありました。ミクニワールドスタジアム北九州での大規模コンサート開催のモデルイベントとなりました。またそのあと、コロナ禍により文化的・社会的にもさまざまな制限が課せられる中、多くの市民が再びこのスタジアムでアーティストの皆様とともに盛り上がる日が来ることを待望しておったと思います。

今回は環境面などに配慮されたSDGsを前面に押し出されております。持続可能なロックフェスティバルといたしまして、全国初の取り組みになるとお伺いしております。私どもはSDGs環境未来都市ということで様々な事業を市民の皆様と一緒に進めておりますが、敬愛するアーティストの皆様方と一堂に会するこのロックフェスティバルで、SDGsがいろんな形で発信されるかと思いますと、大変にワクワクいたします。このようなイベントを本市で行っていただきまして、大変ありがたく誇らしく思っております。

日頃、音楽とはあまり縁のない方もいらっしゃるでしょうが、ぜひとも幅広い世代の方々に楽しんでいただけるように、応援団名誉団長といたしまして、地元の機運を大いに盛り上げてまいりたいと考えております。北九州ロックフェスティバルのご盛会、ご成功を心よりお祈りをしております。ありがとうございました。

 

【応援団 団長】北九州商工会議所 会頭 津田 純嗣

 

みなさまこんにちわ。
北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spiritsの応援団長を仰せつかりました商工会議所の津田でございます。

本日は日本のロックムーブメントを築かれた第一人者である泉谷しげるさんに、北九州ロックフェスティバルの発起人ということで記者会見に一緒に臨ませていただいております。誠に光栄でございます。泉谷さんはこれまで地域おこしということで、数多くのロックフェスティバルをやってこられました。3年前には、阿蘇ロックフェスティバルin北九州を開催していただきました。今回は持続可能なロックを通じて地方を元気にするということで取り組んでいただきます。ありがとうございます。

北九州ロックフェスティバルはコロナの影響で、2020年・2021年と開催が見送られております。コロナはまだ終わったわけではございませんが、このロックフェスティバルはこれまで忍耐を強いられてきた北九州の復活を遂げるイベントになると期待しております。このフェスティバルは北九州商工会議所の推進するSDGsのスピリッツをしっかりとリンクさせております。今このイベントが北九州で開かれるということには大きな意義を感じております。街の賑わいを創出するという大きな役割を持つ北九州商工会議所は、今年を脱コロナの北九州飛躍元年と位置付けております。北九州ロックフェスティバルはそれにふさわしいイベントでございます。私たちは全力で北九州ロックフェスティバルを応援いたします。

私自身にとってロックといえば、幼い頃はエルビス・プレスリーなどのロカビリーでしたが、中学の頃にビートルズがデビューし、家の中で大音響でステレオを鳴らしていたことを思い出します。今回はこのミクニスタジオに皆様が集まられて大音響でロックを満喫されるという姿を今から期待しております。ビートルズの故郷のリバプールと門司が昭和のはじめまでは航路で結ばれていたという面白い縁があるということもあり、私もこのフェスティバルを待ち遠しく思っております。このロックフェスティバルを通じて街の賑わいがもう一段、ランクアップされることを期待しております。

 

【応援団 顧問】北九州市議会 議長 高木 研一郎

 

みなさまこんにちわ。
今回顧問をつとめることになりました北九州市議会議長をつとめております鷹木でございます。

まずは第一回北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spiritsの開催を心からお喜び申し上げます。そして尊敬する泉谷しげるさん、田園実行委員長をはじめ主催者の皆様のご尽力に心から敬意を表す次第でございます。

コロナウイルスによって私たち北九州市民の心も非常に閉ざされてまいりました。その閉ざされた心を開けてくださる大変貴重なイベントであると思っておりますし、私たちも精一杯応援をさせていただきたいと思います。そして今回新しい形のロックフェスティバルになるともお伺いをしております。withコロナ、アフターコロナ、様々なことをこの北九州市から発信していただける素晴らしいイベントになると聞いております。北九州市議会といたしましても、精一杯市民の皆様と一緒に応援をさせていただきますことをお約束させていただきましてご挨拶とさせていただきます。

よろしくお願いします。

 


 

今までの概念を覆す、新しいカタチのロックフェスが北九州で開催されるということは、市民にとっても非常に嬉しくまた誇らしいことだと思います。
会見の中で泉谷さんが何度も「北九州の良さを全国に伝えたい!」と熱く語っておられたのがとても印象的でした。SDGs未来都市・環境未来都市である北九州だからこそ、音楽を通じた「安全で快適なイベント」を開催することに意義があるのではないでしょうか。地域が一丸となって、この北九州ロックフェスティバル2022を成功へと導いていきたいと思います。

音楽が大好きな方もそうでない方も楽しめるイベントなので、ぜひ一度HPをチェックしてみてください。

[公式HP]北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spirits

この記事を書いた人