『九州ろうきん(九州労働金庫) 熊本支店』を徹底取材! お金のことやローンのこと、いろいろ相談してみました!

熊本

こんにちは。編集部のおもちです。
この度、九州ろうきん(九州労働金庫)熊本支店 さんを取材するにあたって編集スタッフ田原が名乗りをあげた。

 

「お金のこといろいろ聞きたいです!」

 

仕事も頑張りたい、結婚も考えている、お金の運用のこともとっても気になる・・・。これからの資産運用やお金と賢く付き合う方法をいろいろ知りたいんだろうな。今や若い人の方がマネーに対する意識が高いと感じることが多い。よーし!それではさっそく田原を連れて(私も一緒に学び直すために)レッツマネーだ!

 

取材に 伺いました「九州ろうきん」さんはこちらです。

「九州ろうきん(九州労働金庫)熊本支店」は、水前寺成趣園のすぐ近く。目印はこのブルーの看板です。出水ふれあい通りを電車通りに出て左に曲がるとすぐに見えます。かなり大きな建物です。

 

こちらが1階の入口、それでは入っていきます。

 

預金編:「ろうきん」ってどういう金融機関なんですか?

まずは、九州ろうきん熊本支店1階 預金係の福永さんに聞いてみました。

優しい笑顔で迎えていただいた福永さん。

 

田原:そもそも「ろうきん」ってどういう金融機関なんですか?

福永さん
「ろうきん」は、はたらく仲間がつくった金融機関です。実は日本で唯一の協同組織の「福祉金融機関」なんですよ!
 
田原
そうなんですね!それは知らなかったです!だれでも預金はできるんですか?
 
 

福永さん:ろうきんは、労働組合の組合員さんをはじめ、はたらく人なら、どなたでもご利用いただけますし、学生さんでも大丈夫ですよ!しかも、ろうきんのキャッシュカードは引出し手数料が実質0円でとてもお得に利用できるし、口座管理が簡単にできる「ろうきんアプリ」と「ろうきんダイレクト」はとっても便利です。

田原:えー!じゃあ、この機会に口座開設をお願いしようかな・・・

福永さん:ぜひ、お願いします。

 

 

POINTまとめ①

 

相談しやすいのか興味のあるマネー話について盛り上がる田原。

 

福永さん:ところで、田原さんは「つみたてNISA」「iDeCo(イデコ)」に興味はありませんか?

田原:(待ってました!)聞いたことはあるけれど詳しく知らないんです。お話を聞かせてください。

福永さん:それでは、資産運用担当の小野職員と交代しますね。

 

次に同じく預金係の小野さんに「資産運用」についてお話を聞くことになった田原・・・。ここは大事なところだぞ。

 

資産運用編:「つみたてNISA」「iDeCo」

小野さん:はじめまして!九州ろうきん熊本支店預かり資産担当の小野と申します。私からは、「つみたてNISA」と「iDeCo」についてご案内いたします。

田原:よろしくお願いします!

 

小野さんには以前からずっと気になっていたという「つみたてNISA」と「iDeCo」をおたずね。

 

小野さん:田原さんは「つみたてNISA」や「iDeCo」は始めていらっしゃいますか?

田原:それがまだなんです。気にはなっていたのですが「つみたてNISA」と「iDeCo」の違いもあまり分かってなくて・・・。

 

小野さん
「貯蓄から投資へ」と言われる昨今、税制面で優遇されている商品を賢く利用しながら、老後資金などへ備えることが大事なんです。
 
田原
そうですよね。まだまだ先のことと思っていましたが今から備えたいです。
 

 

 

マジな表情が田原の真剣さを思わせる。

 

 

 

小野さん:簡単に言うと「つみたてNISA」は長期間、継続的に積立投資を行うことで非課税でお金を育てることができる制度、「iDeCo」は老後のことを考えた自分で育てる年金制度で税制面で優遇されている制度なんです。どちらも田原さんのように若い方が資産運用を始めるのに適しています。

田原:そうなんですね。始めたいとは思っていたのですが、後回しになっていたんです。

小野さん:投資って聞くと「難しそう」と思われますよね。そんな方のためにろうきんでは、投資信託サポートセンターが丁寧なアフターフォローをいたしますので安心ですよ。

田原:良かったです。放っておくのもなんだか気になるし、でもずっと投資のことを考えてるわけではない私のようなタイプにはフォローしていただけると嬉しいです。

 

おまけ編:カエルくんの正式名は「ツカエルさん」

・・・ところで、さっきから気になっているこのカエルくんですが、正式名は「ツカエルさん」というらしい。脱力系のユルい風貌と鮮やかなグリーンがとってもカワイイなぁ。ろうきんさんと言えば思い出すのはこのツカエルさん。さりげなくソファに座ったりデスクの上にいるのでなーんか和みます。(隣はカノジョ?)

 

 

 

 

 

融資編:「教育ローン」「奨学金借換」

それでは次は4階のローンセンター熊本に、ローンの相談に行ってみましょう。

 

職員さんが作られたというウェルカムボード。かわいい!めっちゃ上手!

 

 

九州ろうきんローンセンター熊本の石坂係長です。

何でも相談できそう!石坂さんには、あまり相談したことがないローンのこと聞いてみます。

田原:「九州ろうきん」さんのローンの特徴はどんなところですか?

石坂さん
「ろうきん」のローンは、はたらく人からお預かりしたお金を、はたらく人のくらしを豊かにするために、低金利で貸し出していることが最大の特徴です。営利を目的としない「ろうきん」だからこそ、低金利でご利用いただける商品ばかりですから、安心してご相談ください。
 
田原
なるほど!それは安心ですね!実は最近、自分のスキルアップのために、学校に通いたいと考えているんですが、利用できる商品はありますか?

石坂さん:それでしたら、「教育ローン」をご紹介します。ろうきんの「教育ローン」は、お子様の教育資金はもちろん、ご自身のスキルアップのための教育資金にも利用できますよ。

 

田原:自分自身ために「教育ローン」が使えるなんて知りませんでした!

 

石坂さん:ちなみに、ろうきんでは、社会問題になっている「奨学金問題」にも取り組んでおり、奨学金を低金利で借り換える専用の「つなぐ」という商品もご準備しておりますので、奨学金の返済でお困りごとがある方はお気軽にご相談ください。

田原:えっ!奨学金も低金利で借り換えることができるんですね!それは目から鱗です!私も奨学金を返済中なので、相談に乗っていただきたいです!他に「ろうきん」さんおススメのローンはありますか?

石坂さん:「カーライフローン」は、車やバイクの購入資金以外にも、免許の取得や船舶・ボートの購入などにも利用できるんですよ!

田原:えー!車の購入にしか利用できないと思っていました!コロナ禍で、ツーリングや釣りを趣味にされる人が多くなったと聞きますので、それはいいですね!

石坂さん:その他にも、「住宅ローン」や、「フリーローン」など、くらしに必要なローンも低金利でたくさんのみなさんにご利用いただいています。また、現在ご返済中のクレジットや他社ローンの借換や一本化による負担軽減に関するご相談も、たいへん多いですね。

田原:ということは、くらしに必要な資金については、なんでも「ろうきん」さんに相談していいですね!

石坂さん:はい!ぜひ、ご相談ください!ちなみに、ローンセンター熊本は、平日にご来店いただけない方のために、日曜日も営業しています。ご来店の際は、ぜひお電話かネットで予約をしていただくと、スムーズにご案内できると思います。

田原:わかりました!今度、私もぜひ石坂さんに相談に来ます!

 

 

 

取材を終えて、田原はこんなことを考えた

九州ろうきんさんは
銀行と同じと思っていたけど少し違う
はたらく人のための福祉金融機関だ
今日は少し前に進んだ気がする
明日から私のマネーライフも変わるだろう
(そしてツカエルさんかわいい)

 

たくさんのことを教えていただきパワーアップした田原。若干、高揚しているようにも見える。いろいろと考えることがあったようだ。

 

おもち:取材(というよりマネー相談)どうだった?


「本当に勉強不足だと感じました。相談することで自分にとって大切なものも見えてきますね。それとちょっと損してたかも・・・ということも分かりました。お金のことを知るって大事ですよね。」

 

確かにそうだよな。私、お話しを横から聞いていて定期的にお金のことについて相談するのって大事だな、と思いました。個人的に私の場合は古くなってきた車の買い替え時期が近々やってくるため、カーライフローン(自動車ローン)に興味津々でした。今まではあまり考えずに車のローンを組んでいましたが、次回は九州ろうきんさんに相談だ!と思ったしだいです。

 

皆さまも、みんなの「九州ろうきん」さんにいろんなことお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

(田原はさっそく「iDeCo」と「奨学金の借り換え」について本気で考え始めたのだった・・・)

 

【九州ろうきんさんのキャンペーンはこちらをご覧ください。】

 

 

 

 

九州労働金庫 熊本支店
・熊本市中央区出水1-1-13
・TEL.096-366-7117
・営業時間 9:00〜15:00
・定休日 土・日・祝日、12/31〜1/3
九州労働金庫ホームページ
 
九州労働金庫 ローンセンター熊本
・熊本市中央区出水1-1-13
・TEL.096-366-7115
・営業時間 10:00〜17:00
・定休日 水・土・祝日、12/31〜1/3

 

この記事を書いた人