チャペルプリエール定期演奏会No.227 川波幸恵バンドネオンとオルガンの夕べ

チャペルプリエール定期演奏会No.227 川波幸恵バンドネオンとオルガンの夕べ

2022.1.10

【ホテル日航福岡】川波幸恵バンドネオンとオルガンの夕べ-ピアソラとフランス・オルガン音楽の系譜-

異次元での大聖堂とパイプオルガンとバンドネオンの出会い 共に福岡在住で国際的にも活躍するバンドネオン奏者の川波幸恵と専属オルガニスト池田泉による、チャペルで初となるバンドネオンによるデュオコンサート。

演目

●演 奏 
川波幸恵(バンドネオン)
池田 泉(チャペル首席オルガニスト)

◆曲 目 
ピアソラ:リベルタンゴ チャウ・パリ 回想 愛の賛歌
ブーランジュ:プレリュード
ヴィエルヌ:トッカータ 変ホ短調
フォーレ:ピェ・イェズ
C.フランク:天使の糧
シューベルト:アヴェ・マリア
J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
トッカータとフーガ ニ短調

演奏者プロフィール

川波幸恵(バンドネオン)演奏者画像
川波幸恵(バンドネオン)

福岡女学院音楽家及び東京音楽大学ピアノ専攻を成績優秀者として卒業。
その間バンドネオンに出会い、小松亮太、西塔祐三、Hector del Curtoに師事。
渡辺えりと出会い、2015年アメリカで行われた第一回チェ・バンドネオン世界大会優勝。
RKB「新・窓をあけて九州」やNHK福岡でのニュース特集、「題名のない音楽会」など出演。
海外演奏家を招聘や企画、文化交流を積極的に行い、自身もアメリカに毎年招聘されるなど世界的にも活躍している。
また、舞台『りぼん』に出演。
以来、西城秀樹、沢田研二、笑福亭鶴瓶、宇梶剛士ら有名人との共演や自身が登場人物のモデルともなっている小説『忘却の調べ~オブリビオン』が横溝正史ミステリー大賞を受賞、ドラマ化され本人役として出演するなど、ジャンルやカルチャーの壁を越えて幅広い分野で活躍している。


 

池田 泉(オルガン)演奏者画像
池田 泉(オルガン)

東京芸術大学オルガン科卒、同大学院修了。在学中安宅賞。DAAD給費留学生としてドイツ・ハンブルク音楽大学に留学。
オルガンをハインツ・ヴンダーリヒをはじめ酒井多賀志、秋元道雄、H・ピュイグ=ロジェの各氏に、チェンバロを山田貢、鈴木雅明に師事。
東京芸大、青山学院、福岡女学院などで教鞭を執った後、1998年より大オルガンを有するホテル日航福岡ミュージックディレクターとして正に「カントール」というべき内容の演奏活動を展開。
オルガンのみならず、コレギウム・プリエール合唱&合奏団を率いても演奏活動を行う。
以来、毎年ヨーロッパツアーを展開し、パリ・ノートルダム大聖堂をはじめ、ドイツ、フランス、イタリアなど各地の大聖堂・主要協会でのリサイタルは高い評価を受ける。
このような国際的な演奏活動を通じ、独仏19世紀のオルガンの研究を深め、その成果をオルガン研究会やオルガニスト協会年誌に論文として発表。
教育家として多くの新進オルガニストを育成している。
日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

チケット販売

【入場料】
●全席自由席
 一般:4,000円
 コンサートクラブ会員:3,200円
 学生(小学生~25歳):2,200円

■前売のみの販売。当日券はございません。
■新しい生活様式の中、チャペルの入場人員は通常の50%の先着46名様となります。
■会場内の配席は前後左右を空け、ご案内させていただきます。
■未就学児童の入場はご遠慮下さい。
■演奏者の都合により、日時・曲目等、変更されることもありますので、予めご了承下さい。

チケット販売URL⇒

公演概要

【開催日時】
2022年1月16日(日) 16:30~17:30
【開催場所】
福岡県福岡市博多区博多駅前2-18-25 ホテル日航福岡新館3階チャペルプリエール

イベント公式ホームページ⇒

お問い合せ

ホテル日航福岡 チャペル担当
TEL:092-482-1111(代)
mail:chapel@hnf.co.jp

ホテル日航福岡公式ホームページ⇒

 

この記事を書いた人