【福岡】【ホテル日航福岡】チャペルプリエール定期演奏会No.222 パイプオルガンって何?

【福岡】【ホテル日航福岡】チャペルプリエール定期演奏会No.222 パイプオルガンって何?

2021.8.2

荘厳なチャペルで特別なひとときを

ホテル日航福岡_チャペルプリエール_オルガン

ホテル日航福岡 新館3階にある「チャペルプリエール」。
中世ゴシックの光と響きに満たされたその空間で奏でられる音楽は、まさにヨーロッパの大聖堂を思わせます。

そこで月に1度、演奏会やイベントが開催されます。コンサートホールでは味わえない豊かな響き包まれたひとときをお過ごしください。

好評の夏休み入門・体験企画!
パイプオルガンって何?=リコーダー+アコーデオン!?

8月は、「チャペルプリエール定期演奏会No.222 パイプオルガンって何?」を開催します。

そびえ立つパイプオルガンはアコーデオンのような「吹子」からの風によって、リコーダーやクラリネットのようなリ管楽器に似た「パイプ」を鳴らす鍵盤楽器です。その歴史は紀元前に始まり、その荘厳な響きゆえに何世紀を超える時を経て、ヨーロッパの教会で「聖なる楽器」として発達しました。それ故にモーツァルトが「楽器の王」と呼んだオルガン、実は私達にも身近なリコーダーやアコーデオンを組み合わせた発音原理なのです。
「ポジティフ」と呼ばれる小型パイプオルガンも用いながら、レクチャーを交え(コロナ情勢次第で試奏も! )、オルガンを身近に感じられる企画です。

ホテル日航福岡_チャペルプリエール定期演奏会No222_02

プログラム

◆池田 泉・松山靖子(レクチャー&オルガン演奏)
◆曲目 :
バッハ:トッカータとフーガニ短調BWV565
バッハ:G線上のアリア(管弦楽組曲第3番より)
スウェーリンク:「わが青春はすでに過ぎ去り」
リスト:結婚式(巡礼の年第2年より)
レーガー:序奏とパッサカリア ホ短調 他

★関連イベント開催!★
オルガンに触れてみよう!!
特別試奏体験コーナーです。お問合せ・お申し込みはchapel@hnf.co.jpまで
詳しくは下記HPを参照ください。
※見学・試奏は状況次第で実施(中止の場合もあります。)

料金

●全席自由席(すべて税込)
一般4,000円 コンサートクラブ会員3,200円 学生(小学生~25歳)2,200円

■前売のみの販売。当日券はございません。
■新しい生活様式の中、チャペルの入場人員は通常の50%の先着46名様となります。
■会場内の配席は前後左右を空け、ご案内させていただきます。
■未就学児童の入場はご遠慮下さい。
■演奏者の都合により、日時・曲目等、変更されることもありますので、予めご了承下さい。

☆ご購入はコチラ

イベントDATA

◆チャペルプリエール定期演奏会No.222 パイプオルガンって何?

[開催日時]:2021年8月7日(土) 13:30~14:30
[開催場所]:福岡県福岡市博多区博多駅前2-18-25 ホテル日航福岡新館3階チャペルプリエール
[お問合せ]:TEL:092-482-1111(代) ホテル日航福岡チャペル担当(定休日:毎週火曜日・水曜日)

☆イベント詳細はコチラ

ホテル日航福岡_チャペルプリエール定期演奏会No222

この記事を書いた人