【熊本】「くまもと花博」の公式テーマソング初披露!熊本出身Leola(レオラ)さんが歌う新曲「GIFT」

【熊本】「くまもと花博」の公式テーマソング初披露!熊本出身Leola(レオラ)さんが歌う新曲「GIFT」

2021.12.10

2022年春、熊本で開催される第38回全国都市緑化くまもとフェア「くまもと花とみどりの博覧会 ~THE GREEN VISION 未来への伝言~(略称:くまもと花博)」の公式テーマソングが、

熊本県益城町出身のアーティスト

Leola(レオラ)さんの新曲「GIFT」に決定!

くまもと花博のために書き下ろされた新曲「GIFT」のお披露目会に、取材に行ってまいりました。

 

「くまもと花博」公式テーマソングお披露目会

お披露目会が開催されたのは、熊本駅前。

アミュひろば(熊本駅白川口前広場)で初めて開催される「クリスマスマーケット熊本2021 in 熊本駅」のオープニングのステージにて、くまもと花博開催100日前を記念したイベントとして、Leolaさんがギターを弾きながら歌うライブ形式でお披露目されました。

くまもと花博_Leola

実行委員長である大西一史熊本市長の挨拶でスタートし、

くまもと花博特別衣装を身にまとったくまモンと一緒に登壇したLeolaさん。

当日は、大西市長の誕生日ということもあり、サプライズプレゼントが贈られたりと和やかな雰囲気で進行されました。

 

くまもと花博_Leola

新曲GIFTへの想いを語ってくれたLeolaさん。

曲の制作依頼を受けた際は、

「ただただ本当に嬉しかった。また、この祭典が花と緑で大好きな熊本が彩られると聞いて、自分の歌声でさらに鮮やかさが足されると思うとワクワクした」

とコメントされていました。

その後、ギターを弾きながら新曲を初披露。

くまもと花博_Leola
くまもと花博_Leola
くまもと花博_Leola

曲中には「花畑町(はなばたちょう)の片隅で咲いてた小さな花は♪」という歌詞があり、熊本にお住まいの方なら「グっ」とくる熊本の地名「花畑町」が入っていました。

36年ぶりに熊本で開催される“日本最大級の花とみどりの祭典”「くまもと花博」のTVCMや期間中の会場でのBGMとして、流れるであろう「GIFT」。

たくさんのお花が咲き誇る会場で、Leolaさんの優しく、そして力強い歌声で歌われる「GIFT」が聞ける日はもうすぐ。

「くまもと花博」

いよいよあと100日後に開催!

本当に楽しみです!

くまもと花博_Leola

熊本市のLeolaさん起用に関するコメント

 今回、熊本において36年ぶり2回目の開催となる「全国都市緑化フェア」開催にあたっては、花のある暮らし・みどりのある暮らしが私たちの日常に潤いと安らぎを与えてくれることに、多くの方々に気づいていただく契機となることを目指し準備を行っています。

 優しさの中にも、しっかりとした力強さのある太陽のような歌声のLeolaさんにくまもと花博の公式テーマソングを歌っていただくことで、希望を持ち、花と生きる幸せを感じられるようになるとともに、花やみどりの持つ力で日々の生活が明るく豊かになることを体感していただければと思っております。

Leolaさんコメント

くまもと花博公式テーマソングのお話を頂いた時はとても嬉しかったです。

今回の花博は、身近にある花や、自然の力に目を向けて、熊本の豊富な自然を次の世代にも繋げていくというメッセージもあると伺い、私が大好きな熊本の空や、山に咲く花、街中で出会う小さな緑などを、子どもたちの世代や都会で暮らす人たちに知って欲しいと言う思いで制作しました。

地元熊本の大好きな街や、様々なエリアが花で彩られる中、私も歌で参加させていただき、華やかな季節を演出できると思うとワクワクしています!

 

くまもと花博の概要

くまもと花博_Leola

■名称:第38回全国都市緑化くまもとフェア
 愛称:くまもと花とみどりの博覧会~THE GREEN VISION 未来への伝言~

■開催テーマ
 森と水の都くまもとで 花と生きる幸せをつむごう

■主催者
 提唱:国土交通省
 主催者:熊本市、公益財団法人都市緑化機構

■開催期間
 令和4年(2022年)3月19日(土)~5月22日(日)の65日間

■会場
 ≪メイン会場≫
 ・街なかエリア(「熊本城公園及び花畑広場一帯」)
 ・水辺エリア 「水前寺江津湖公園一帯」(水前寺地区~広木地区、動植物園含む)
 ・まち山(立田山)エリア 「立田山」
 ≪パートナー会場≫
 ・県内すべての市町村(45市町村)の花や緑の名所等
 ・空港、駅、港、ターミナルなどの交通拠点 等

■公式ホームページ 
https://kumaryokkafair.com/

この記事を書いた人