熊本城ホールがゴスペルコンサートの合唱団員を募集中!

熊本のまち

熊本城ホール主催のゴスペルコンサート

2300人収容のメインホール、展示会やスポーツイベントもできる展示ホール、LIVE・演劇・公演など多目的に利用できるシビックホール、大小19の会議室を備え、いまや熊本市の一大文化発信拠点となった「熊本城ホール」。

 

 

今回、熊本城ホール主催のコンサートとして、ゴスペルコンサートの開催が決定しました。開業当初からのコンセプトである「地域の皆さんに親しんでもらえる場所になりたい」との想いのもと、コンサートで歌うのは地域の方々に募集をかけ結成した合唱団員。年齢も性別もバラバラの、まったく新しい熊本合唱団が始まります。

 

 

本番は2023年2月25日(土)

 

会場はなんと2,300人を収容できるメインホール。これまで数々の有名アーティストがあがったステージで歌うことができるんです!

 

 

壮大なコンサートホールのステージに立ちスポットライトを浴びる気持ちよさ、そして練習を乗り越えて仲間と共に本番を迎える感動。なかなか経験する事のできない素晴らしい体験が待っています。ちなみにちょっと大人の話になると普通にメインホールでコンサートを行うとなると、当たり前ですが数十万円からもしかしたら3桁の費用がかかるんですよね。そういった意味でも、今回のゴスペルコンサートはすごく貴重な機会ですね。

 

《参加申し込みはこちらをクリック》

 

そもそもゴスペルとは

ゴスペルというと、イメージでは映画の「天使にラブ・ソングを」を思い浮かべる方も多いと思います。生徒が生き生きと歌っている姿が素敵で可愛らしく、特にラストの聖歌隊の一体感にはぐっときますよね。

 

ゴスペルは19世紀の後半頃から、アフリカをルーツとする黒人たちの間に広まった音楽です。

黒人がアフリカから奴隷として、アメリカに渡り、聖書を知り、夜に主人の目を盗んで、集まり、奴隷制という苦しみからの解放を願って、歌い踊ったのが元となっています。

最初はシカゴなどの小さな教会を中心に歌われていましたが、1900年代に入ってから、 ブルース&ボードビルのエンターテイナーであったトーマス・A・ドーシー(1899年~1993年)がゴスペルに転じ、 数々の名曲を残したことで、一躍世間に広く知られる存在となりました。 ゴスペルはコール&レスポンスの形式で、短いフレーズ・メロディーの繰り返しに、手拍子、足拍子が加わり、即興的に歌うという特徴を持っています。

 

練習について

練習は全部で6回。限られた練習時間となりますので、基本的に練習すべてに参加できる方が条件となっています。

【練習日程・会場】練習・本番すべて熊本城ホールの各会場で行います

  • 11月12日(土)14:00~16:00/大会議室A2
  • 12月10日(土)14:00~16:00/展示ホールA
  • 12月24日(土)14:00~16:00/大会議室A2
  • 1月14日(土)14:00~16:00/シビックホール
  • 1月28日(土)14:00~16:00/大会議室A4
  • 2月11日(土)14:00~16:00/メインホール
  • 2月24日(金)午後リハーサル/メインホール
  • 2月25日(土)午前リハーサル 午後本番/メインホール

 

初回練習時には声質などを見てパート分けを行うそうで、練習曲によっては3声や4声に分かれることもあるそうです。それぞれのパートの歌声がきれいに重なり奏でる音は一体どんな感動的な歌声になるのか、ワクワクしますね。

 

練習曲は「JOYFUL JOYFUL」、「Every Praise」、「OH HAPPY DAY」の3曲。「OH HAPPY DAY」ではソロ歌唱もあるそうなので、自身のある方や経験者の方は是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

合唱団員には皆さん教材が用意されていて、譜面やパートごとの音源といった内容が記載されているそうです。

 

《参加申し込みはこちらをクリック》

 

講師について

講師は2名。

ボーカルグループStarLights リーダーの『ヨシザワコウタ』さん

 

ボーカルグループ【StarLights】リーダーとして全国各地でのコンサート、学校公演、TV出演のほか、 ソロ活動では2019年NHKみんなのうた【変顔体操】歌唱をはじめ、ボイストレーニング、歌唱指導、アーティスト楽曲参加、ライブ、舞台出演など幅広い分野 で活動中。ゴスペルで培った力強い歌声や、耳に心地良く優しい歌声など、 “変幻自在のカメレオンボイス”として幅広いバリエーションを持ち、小さな身体を目一杯に使うエネルギッシュなパフォーマンスは、 子供から大人まで、幅広い年代の心を「グッ」と掴みます。

 

続いてゴスペルミュージックデレクターの『後藤素子』さん

 

熊本市在住で、クラシックからポップスまで幅広く演奏活動を行っています。大手タレントスクールで講師として指導にあたり、数多くのタレント等を輩出。 その後熊本でM&Gヴォ―イストトレーニングスクールを 立ち上げ、アマチュアの方からタレント志望のプロまで幅広く指導にあたる実績のある講師です。また2019年の10月放映、民放朝日テレビの長寿番組の「題名のない音楽会」で “夢響”という企画に出演し、東京オペラシテイホールのステージにて歌唱演奏して大好評を得ました。MVSクワイアーという熊本を拠点にして、全国に活動をしているクワイアーのゴスペルミュージックデレクターも務めています。

 

こちらの2名の講師が交代で指導をしてくれるそうで、初心者の方でもいちから丁寧に教えてくれるので、未経験者も安心して参加してくださいとの事でした♪

募集概要のまとめ

【対象】 小学6年生以上ですべての練習に参加できる方(※小学生は保護者による送迎が可能な方)

【定員】50名

【参加費】 5,000円[教材費・修了公演参加費も含む]

※参加費は一括払いで事前にお振込、もしくは熊本城ホール事務局にてカード決済をお願いします

※キャンセルによる返金はできません

【練習曲】 JOYFUL JOYFUL/Every Praise/OH HAPPY DAY

【募集期間】2022年9月16日(金)~10月21日(金)

【その他】修了公演時の衣装は各自でご用意いただきます

 

《参加申し込みはこちらをクリック》

 

【お問い合わせ】

熊本城ホール事務局

〒860-0805 熊本県熊本市中央区桜町3番40号

TEL:096-312-3737/ FAX:096-312-3738

info@kumamoto-jo-hall.jp

https://www.kumamoto-jo-hall.jp/

この記事を書いた人