【熊本】【無印良品の家】ってどんな家?話題のモデルハウスに潜入してみた!

【熊本】【無印良品の家】ってどんな家?話題のモデルハウスに潜入してみた!

2021.8.9

誰もが知っている、幅広い年齢層に人気の雑貨店、無印良品。

その無印良品が手掛ける【無印良品の家】のモデルハウスが熊本市にあるのをご存じですか?

今回、無印大好きな編集部スタッフがモデルハウスに潜入!

シンプルでお洒落な空間をご紹介します。

無印良品の家 熊本店について

無印良品の家 熊本店は、熊本市北区にあります。

◆無印良品の家 熊本店
住/熊本市北区植木町舞尾545-8
TEL096-200-6953
URLhttps://www.muji.net/ie/modelhouse/kumamoto/

 

 

熊本市内から植木町方面に向かっていると左手にお馴染みの無印カラーの看板が見えてきました。

3号線沿いで分かりやすい場所にあります。

無印の家

敷地内には3棟のモデルハウスが!

無印の家

それぞれが全く違った雰囲気の外観で、内覧するのが楽しみです♪

永く使える、変えられる

ところで皆さん、【無印良品の家】は単なる「雑貨屋さんが作ったおうち」だと思っていませんか?

コンセプトは『永く使える、変えられる』。これが、無印良品が考える家のあり方です。

まず、【無印良品の家】は「スケルトン」と「インフィル」によって構成されています。

スケルトン=家の器ともいうべき重要な部分であるため、優れた断熱性を備えた強固な構造体で、

耐震性や温熱性能を担保しています。

そしてインフィル=住む人の暮らしを作る設備や内装のこと。

ライフスタイルの変化や家族の成長に合わせて、自由に簡単に、そして安全に変化させていくことができるのです。

家族が増えたり、子供が巣立って夫婦2人になったり・・・その時々によって、必要な空間や間取りは

どうしても変わるもの。壁だけでなく家具などを活用し、レイアウトを変化させ住空間を

変えられるのは嬉しいですね。まさに永く使える家のポイントと言えそうです。

強く、確かな品質

【無印良品の家】の骨組みは、なんとビルなどの大規模な建物の構造と同じ!

高強度の柱と梁を丈夫な金物でしっかりと接合する「SE構法」を採用し、地震に強く、

永く住まいを支え続ける頑強な骨組みが実現しています。

そして【無印良品の家】は標準仕様で国土交通省認定の長期優良住宅!長期優良住宅には各種税制の控除や軽減、

地震保険料の割引などの経済的メリットがあり、国の認定による高い資産価値の維持も期待できるそうです。

光と風を味方につけて

また、【無印良品の家】には、国内トップクラスの断熱性能を実現する「ダブル断熱工法」と「トリプルガラス」が

標準採用されています。外断熱と内断熱のメリットを併せ持った工法により、高い断熱効果が得られ、

一年を通してちょうどよい室温を保つことができるそう。

さらに、この安定した空気で満たされた空間を、窓から入る陽光や風を取り入れながら快適な暮らしを実現しています。

木の家

まずは「木の家」。

無印良品

「・・・木の家??」と一瞬思ってしまう無機質な(良い意味で)見た目。

しかし、中に入ると、木目と白を基調とした明るい室内が広がります。

玄関。自転車も置けそう。

広々としたリビング。そして壁が少ない!

無駄な壁がひとつもなく、間取りの無い、ひとつの空間という感じです。THEシンプル(シンプル最高!)。

モデルハウスの家具や雑貨は無印良品とIDEE(イデー)という日本発のブランドで揃えてあるとか。

家のイメージに合うインテリアや収納方法も参考になりますね。

収納BOXはもちろんシンデレラフィット!

こんなに整理整頓されたキッチンなら楽しくて家事が捗るだろうなぁ!

リビングからそのまま出られる、標準装備のウッドデッキ。ウッドデッキって憧れますよね~。

子供部屋。後から壁を取り付ける事も出来るし、写真のように家具で仕切りを作って空間を分ける事もできます。

窓の家

窓が特徴的な「窓の家」。

真っ白な外観で一段と目を引きます。

 

ダイニングルーム。

名前の通り、窓を生かした造りになっていて、ダイニングは大きな吹き抜け。たっぷりと光が差し込み、室内は明るく快適。

これだけ天井が高くても断熱性に優れているので、冷房の効きも◎だそうです。

こちらも大きな窓が印象的なリビング。

窓からは柔らかい日差し。まるで窓がひとつの絵画のようですよね。

こんなリビングでコーヒー飲みながらまったりしたいなぁ。

 

2階は、お風呂から上がってすぐ寝室に行けるような動線にもなっていて、

お風呂場の隣には家事室も配置。洗濯物はもちろん、布団も干せるようになっています。

バスルーム。

寝室。

家事室。

DINKsの家庭をイメージしている部分もあり、共働きで忙しい夫婦でも暮らしやすい間取りになっているのだそうです。

こんな家事室があると苦手な家事もどんどん捗りそう~(2回目)。

陽の家

最後は「太陽が気持ち良い、太陽が感じられる家」がコンセプトの『陽の家』。

こちらは開放感のある平屋造りになっています。

中に入ると勾配天井が広がり、室内がとても広く感じられます。

リビングから繋がるウッドデッキも良い感じ。

(オプションでこのモデルハウスのような広~いウッドデッキを設ける事ができるそうです!)。

ここで子供と遊んだりひなたぼっこしたりYOGAしたり・・・素敵ライフ!妄想は広がりますね~。

寝室。

キッチン&ダイニング。

子供部屋。

玄関からキッチン、リビング、ウッドデッキまでひとつにまとまって一体感がある一軒でした。

おわりに

『無印良品の家』、いかがでしたでしょうか?

見た目やデザイン性はもちろん、機能性も抜群だという事が分かりました。

これから家を建てようと考えている方、まだまだ予定が無い方も、

見るだけでも楽しくて、住まいの参考になるモデルハウス間違いナシです。

モデルハウスに行かれる際は是非予約をしてゆっくりじっくりと見学してみて下さいね。

◆無印良品の家 熊本店
住/熊本市北区植木町舞尾545-8
TEL096-200-6953
URLhttps://www.muji.net/ie/modelhouse/kumamoto/

 

この記事を書いた人